貿易事務 転職

貿易事務の転職なら

二国間の貿易に携われるお仕事、貿易事務は「事務能力」「語学力」「体力」「調整能力」など様々なスキルを発揮して従事するやりがいのあるお仕事です。グローバル化が進み商社・メーカー・金融などが貿易事務の人材を求めているから、給与・待遇ともになかなかに魅力的です!

 

当サイトでは貿易事務の転職をサポートしてくれる転職サイトをご紹介しています!正社員でさらにキャリアを積んで向上していくもよし、派遣社員でプライベートとバランスを取っていくもよし、豊富な求人情報を吟味して転職を成功させましょう!

 

 

貿易事務の転職でおすすめなサイトをご紹介

 

転職をサポートしてくれるサイトをご紹介しています!1個といわず複数登録しても問題ありません。せっかくの転職の機会なので妥協せずに進めていって欲しいと思います。

 

リクルートエージェント

リクルート社が提供する人材紹介サービスの「リクルートエージェント」はTOEIC700点以上のかたにオススメです!正社員として貿易事務転職を考えているならキャリアアドバイザーに転職相談の登録をしておくと良いですよ。

 

転職時の交渉事は言いづらいもの…給与の交渉を代わりに行ってくれるサービスが人気で、場合によっては1.5倍の年収まで上がる可能性もあります!履歴書の書き方、効果的な面接のアドバイスも頂けちゃいます。

 

リクルートエージェントは国内の大・中小の商社・メーカー・金融とのコネも強く、様々な貿易事務の求人を扱っています。きっとあなたにピッタリの転職先を提案してくれることでしょう!

 

 

リクルートエージェント公式サイトはこちら

 

商船三井キャリアサポート

鰹、船三井の子会社の人材派遣サービスも活用出来ます!派遣・紹介予定派遣・正社員での貿易事務の求人を扱っています。貿易事務での転職以外でも、海運・商社での事務系求人も多数確保していますね。やはり商船三井グループへの派遣業務の求人が多い様子です。

 

特徴として「長期間働ける職場」「貿易に関係するお仕事」が多いので登録しておいて損はありません。派遣でありながら健康保険にも安く加入できるのも魅力です。

 

 

商船三井キャリアサポート公式サイトはこちら

 

 

郵船コーディアルサービス

日本郵船グループの人材派遣会社がこちらです。貿易事務、一般事務、営業、経理などの求人に特化しています。NYKグループなので関係筋の求人情報が多くをしめています。

 

フルタイム派遣の場合は健康保険・厚生年金に加入できます。雇用保険・労災保険といった福利厚生も充実しています。半年の勤務で10日間の有給が頂けるのもかなりの魅力でしょう。

 

 

郵船コーディアルサービス公式サイトはこちら

 

 

 

 

未経験から入った貿易事務転職の体験談

 

貿易事務の職種に転職して5年になります。英語がある程度できれば未経験者からでも入りやすい職種だと思いますが、追求すると奥深いですし、トラブル対応などは、経験が物を言います。

 

私が従事している貿易事務のお仕事の簡単な流れは、顧客からオーダーを受け取り、営業の方と確認しながら、納期の手配をします。主に、船社や航空会社とは直接やりとりはせず、フォワーダーを通して、ブッキングなどをしております。また、工場とのやりとり、配送の手配も含みます。出荷の時期になると、インボイス、パッキングリスト、その他通関書類の作成、支払条件にもよりますが、保険の手配もいたします。出荷国によっては、商工会議所発行の原産地証明書、EPAなどが必要になりますので、その場合は、外出して自分の足で申請、受け取りに行きます。近隣国や航空機での出荷の場合は、スピード力が必要になると思います。グズグズしていると、貨物が到着してしまい、受け取り国で通関に遅れがでてしまいます。税関の問題も、国ごとに違う部分がありますので、知識を求められます。また、支払条件がLC決済になりますと、LCで求められてる通りに、書類の作成が必要になりますので、注意力も必要です。私は何度か、ディスクレパンシーになってしまい、チャージをとられてしまったことがありますが。。

 

このように、未経験からはいった職種ですが、失敗や経験からかなりの知識を習得できると思います。今後は、貿易実務検定を取得し、より知識を深めていこうと思います。